ゆるやかな日々-Adagio Cantabile-

adagio07.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 08日

春よ恋

という粉で、



e0145132_22473713.jpg




谷中しょうが を撮影していた時は、こんなのを作っている途中でした。

この粉大好きです♪



本当に久しぶりに焼いたパンなので、リハビリを兼ねてシンプルなパン。

高橋さんと門間さんのレシピを参考に。
はい、ミックスしました。

イーストは妹からもらったsafのイースト。

e0145132_22151566.jpg

よく見かけますが、初めて使いました。
パッケージが可愛いので、密封容器に移さずに当面はこのまま使用することに決定。

さて配合。

バターを入れない配合だったのですが、翌日に食べる予定だったので
風味を長持ちさせるために気持程度に2.5g入れてみました。(←ここがマイレシピ。毎度適当。w)


イーストは小さじ1/4 という少なさ!!
極力、不純物を減らして美味しく焼こう素敵なレシピです。
このおかげで、発酵時に嫌なにおいがしないで、焼きあがりを想像させてくれるいい香りが。

その代わりに発酵時間がかかります。
じっくりゆっくり。美味しくなーれ。

本では冷蔵庫で発酵させるので一次発酵に10時間くらいかけます。
準備を始めたのが3時過ぎだったので、この方法でいくと翌朝に焼くことになるので
(翌日はお仕事)、室温で発酵させること2時間。

これでも通常の発酵より倍の時間がかかります。
ゆっくりじっくり、、、。

さらにベンチタイムの後に二次発酵もあせらずのんびりのんびり。

冬場だとイーストが少ない場合は二次発酵させるのに、色々と手をかけてあげないと
ダメなのですが夏場は楽ちんです。
乾燥だけ気をつければいいのですから♪
冬だと発酵の力が弱いので、温度と湿度の管理、、、。
(成型したパンを天板に乗せたら袋に入れて、天板にお湯を入れたコップもいれて、、、。
生地が袋につかないように空気をいれたりするので非常に面倒。)


レシピには、クープにバターを乗せると風味がよくなりクープも開きやすくなると
書かれていたので、


e0145132_22543774.jpg



試してみたら



e0145132_22194536.jpg


元気に開いてくれました~。


e0145132_22205064.jpg


もう少し慣れたら、バターたっぷりのリッチ生地に挑戦だ!










e0145132_225389.jpg

自分のための備忘録
春よ恋 225
全粒粉  25
塩 4
砂糖 8
水 150
(水分少なめだったので、冬場はもう少し増やすこと)
バター 2.5
[PR]

by adagio-cantabile | 2009-09-08 22:59 | リーンなパン


<< 真夏のWS      谷中しょうが >>